タイガーナッツ オイル

aceite-chufaタイガーナッツ(オイル)

これはタイガーナッツの固有の栄養分と品質をそのまますべて保つように冷間非加熱処理により抽出された高品質の油です。 タイガーナッツ(オイル)は元々オリーブオイルよりも先立ち4000年前のエジプト人によって使われ始めたようです。実際によりヘルシーな代替品として用いられている。

オイルの色は黄金色で、豊かなタイガーナッツの風味をしています。 このオイルは又美容製品の素晴らしい素材でもある。これは低酸性でかつオレイン酸をたっぷり含み、とても皮膚に最適です。

タイガーナッツの特性:

- 化学的分解に対するより大きな耐性を有する一価不飽和脂肪酸であるオレイン酸の含有量が高い。

- 1日に最低必要な多価不飽和脂肪酸(リノール酸&アンプ;リノレン酸)が含まれています(10グラム前後)。

- ビタミンEの含有量が高い( α-トコフェロール)。

- 多価不飽和脂肪酸およびγ- トコフェロールが含まれいるので、その他の油よりも高い酸化安定性がある 。

タイガーナッツ(オイル)の効能:

- 悪玉コレステロール (LDL)値を下げて、善玉コレステロール (HDL)値を上げる。
-血液中の中性脂肪値を下げる。

- 血栓の生成を妨げ、血管を拡げそして動脈硬化を防ぎます。

-オレイン酸が多く含まれているので、Colecistokine(消化分泌物)の生産に強力に刺激して消化器系(胃、膵臓および胆汁)にプラスの効果がある。

-短鎖・中鎖脂肪酸、オレイン酸、必須脂肪酸が含まれているので骨中のカルシウムの吸収により新しい骨材料の生産に効果がある。
-皮膚の細かな循環を活性化を高く促すビタミンEが含まれているので皮膚の変化、老化プロセスなどに対抗する効果がある。

-ビタミンEのもつ細胞膜における抗酸化効果は乳幼児や高齢者にもお薦めです。

- ビタミンEの高い生成はダイエットされる方にお薦めです。

-ビタミンEは子宮内胚を修復するのに役立つので、男女の生殖能力を増加させます。

-血液中のコレステロールの運搬車とも呼ばれるリポタンパク質(心臓血管系疾患の発生に関連)の酸化を抑え、および他の物質 (癌の発生に関連)の抑制をする。

タイガーナッツ(オイル)の用途

栄養

タイガーナッツオイルは食品の調理全般に使えます。その表面にクラストが形成されているので調理中の食材への脂肪分の浸透が少なく, またオイル自身も脂肪分を吸収しません。

効能

一価不飽和脂肪酸(オレイン酸)の含有量が高いので、心臓病の予防と栄養療法や代謝自体を向上させ健康を改善するのに役立ちます。

製薬業界

コレステロール値を下げると云うことはオレイン酸含有量が高いと云うことです。

テキスタイル業界

防水繊維として

他と比較したタイガーナッツ(オイル)の利点:

- 美味、安定.

- 熱処理追加が無いので(冷間非加熱処理)高品質を保ちます。

- 他の油以上に高温での化学的分解に対してより耐性があるので調理用に大いに推奨出来ます。さらに表面に生成されたクラストが脂肪分の吸収を抑えるのでそれ自体が製品に吸収される油を抑制します。

-毎日必要である多価不飽和脂肪酸を最低量(10グラム)を提供します。

-ガンマトコフェロールが豊富に含まれています(オリーブオイルよりも高い)ので酸化に対する耐性が作られます。


分析成分 – タイガーナッツ(オイル): 酸性度: 0'4 / イールド: 15 %


脂肪酸組成

ミリスチン酸
パルミチン酸
パルミトレイン酸
マルガリン酸
マルガロレイン酸
エステリアン酸
オレイン酸
リノール酸
リノレン酸
アラキジニン酸
ガドレイン酸
べヘン酸
リグノセリン

0'08 %
13'19 %
0'25 %
0'08 %
0'05 %
4'32 %
68'83 %
11'70 %
0'15 %
0'64 %
0'23 %
0'13 %
0'19 %

ステロール組成

コレステロール
ブラシカステロール
24-メチレンコレステロール
カンペステロール
カンペスタノール
スチグマステロール
D7-カンペステロール
D7-スチグマステロール
D7-アベナステロール
D5-アベナステロール
クレロステロール
β-シトステロール リアル
シトスタノール

0'27 %
0'17 %
0'06 %
14'83 %
0'17 %
15'48 %
0'84 %
5'61 %
2'55 %
2'95 %
0'82 %
54'67 %
0'62 %


その他タイガーナッツ製品


利用可能な他の言語: 英語 スペイン語 ドイツ語 フランス語